故人との別れを行なう葬儀|最後にしっかりとバイバイをしよう

儀式を知る

フラワー

昔から行われているのが葬儀です。葬儀は亡くなった人を認識する意味、故人と最後の別れを行なう儀式などを指します。また、葬儀を行なうなら、揃えないと行けないアイテムがあります。

Read More...

知識をつける

線香

葬儀で必要となるアイテムの一つである、位牌に関しての知識を身につけたいと思っている人は少なくありません。このような人のためにも、こちらで位牌に関する情報を記載します。

Read More...

仏具を把握

葬儀

葬儀や法事、お墓参りの際に使用する仏具は「数珠」です。数珠を手にかけて仏様に年を唱えることで、煩悩が消滅すると言われています。数珠というのは仏様と心を通わせるために用いられるものです。どの宗派でも数珠を使用しますので、所持しておかなくてはなりません。数珠は、多くの玉を繋ぎ、輪状にしているものです。玉の数というのは煩悩の数と同じで108個です。ただ、宗派によっては108ではないこともあります。また、現在では持ちやすくするという事で玉の数を減らして作られているものが一般的になってきました。略式の数珠というのは片手数珠と呼ばれていて、18~43個の玉かがつなぎ合わされています。玉の素材は、木製、石製に分けることが出来ます。木製には、黒檀、鉄刀木、梅、つげなどの木が使用されています。石製には、水晶、ヒスイ、サンゴ、オキニスなどが使用されています。数珠には房がついていますが、房にも種類があります。編み込んだ頭から撚りが付いているものが頭付房、紐をそのまま房にしているものを紐房、放射線状に糸を丸く切りそろえている房を梵天房といいます。

葬儀で使われるアイテムは他にもあります。例えば位牌です。位牌は、故人の家となるアイテムであり、名前などを刻みます。他にも、葬儀には様々な形があり、一つ一つやり方が違います。そのため、故人に適している葬儀をすることが大切です。また、自分に適している葬儀を開いてもらうために終活を行なう人もいます。この活動をすることで好きな形の葬儀ができます。

種類がある

葬儀

亡くなった人との最後の別れを行なうのが葬儀です。この葬儀には様々な種類があり、それぞれに特徴があります。だから初めて葬儀を行なうなら、まず葬儀の形式から調べるといいでしょう。

Read More...

Copyright ©2016 故人との別れを行なう葬儀|最後にしっかりとバイバイをしよう All Rights Reserved.